株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

西尾レントが高い、木造構造物設計・販売のATAを子会社化  7月02日10時26分

 西尾レントオール<9699.T>が高い。1日の取引終了後、木造構造物の設計・販売を手掛けるATA(富山県滑川市)の全株式を取得し子会社化したと発表しており、これが好材料視されている。

 ATAは、一般流通材のみを用いて最大スパン(柱間距離)40メートルの木造の中大規模空間を実現するATAハイブリッド構法の開発を行う企業。西尾レントは、仮設構造物のレンタル分野で大型テントに注力してきたが、木造をラインアップに加えることで、同分野の更なる強化に取り組むほか、ATAハイブリッド構法を活用して25年の大阪・関西万博で「SDGsに適合した繰り返し転用可能なパビリオン」を提案するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フジテックはしっかり、顔認証によるエレベータの操作システムを開発
オイシックスが6日続伸、植物肉開発のスタートアップ企業に出資
SHIFTが反発、小売業界のDX化を推進するフェズと資本・業務提携


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »