株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

GMO-GS Research Memo(6):配当性向50%を目安とした配当が基本方針  7月05日15時06分

■株主還元策

GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788>は株主に対する利益還元を経営の最重要課題と考え、配当性向を親会社株主に帰属する当期純利益の50%を目安に業績連動型の配当を行うことを基本方針としている。2020年12月期の1株当たり配当金は50.81円、配当性向は50.0%となった。また、2021年12月期の1株当たり配当金は33.64円、配当性向は50.0%を予想している。

また、株主優待では、同社グループが提供する各種サービスの利用料、GMOクリック証券(株)における買付手数料、売買手数料のキャッシュバックを提供している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 石津大希)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »