株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テノックス Research Memo(9):コロナ禍でも安定配当を重視  7月05日15時29分

■株主還元策

テノックス<1905>は、会社設立以来、業績の向上と財務体質の強化に努めることを経営の基本としてきた。そのなかで株主への還元については重要課題の1つとして位置付けており、業績や財政状態に加え中期的な見通しも勘案した上で安定的な配当を決定するという方針のもと、連結配当性向30%程度を目安に配当を実施することで株主の期待に応えていきたいと考えている。また、同社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としている。2021年3月期の配当については、コロナの影響により配当性向がイレギュラー値となったが、今後の事業展開や安定的な配当を重視する方針などを勘案し、中間配当11円、期末配当14円(うち普通配当4円、創立50周年記念配当10円)の計25円とした。2022年3月期の配当については、中間配当10円、期末配当15円(うち普通配当10円、上場30周年記念配当5円)の計25円を予定している。



■情報セキュリティ

同社はプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づき、個人情報の取扱いに関して、法令・ガイドラインの遵守や個人情報の適切な管理など必要な処置を講じている。また、セキュリティーポリシーに基づき、顧客情報をはじめとする各種情報や情報システムなどを重要な「情報資産」と位置付け、情報セキュリティ基本方針を定め、情報資産の保護に積極的に取り組んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »