株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=45円高、小幅反発も売買代金は連日で今年最低に  7月06日15時45分

 6日の東京株式市場は買い先行で始まった後、日経平均はいったん戻り売りに値を消しマイナス圏に沈んだが、その後は再び買いが優勢に。しかし上値は重かった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比45円02銭高の2万8643円21銭と反発。東証1部の売買高概算は7億9425万株、売買代金概算は1兆6909億円。値上がり銘柄数は1142、対して値下がり銘柄数は896、変わらずは153銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場が独立記念日の振替休日に伴う休場であったことから、手掛かり材料に事欠いたものの、欧州株高を受け市場のセンチメントが改善し朝方はリバウンド狙いの買いが優勢だった。しかし、国内での新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念に加え、週後半に集中するETFの分配金捻出に伴う売り圧力を警戒して見送りムードが強かった。日経平均は方向感なくもみ合ったが、後場後半は上値の重さが意識され、結局小幅高で着地している。原油市況の上昇を背景に資源関連や石油関連株などが買われたほか、鉄鋼株なども上昇したが、海運株や証券株などが軟調だった。全体売買代金は1兆7000億円台に届かず、前日に続き今年の最低水準を更新した。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が小幅ながら上昇、任天堂<7974.T>も大きく上値を追った。ファーストリテイリング<9983.T>がしっかり、村田製作所<6981.T>も上昇した。日本航空<9201.T>、ANAホールディングス<9202.T>など空運株も買いを集めた。ダイキン工業<6367.T>も高い。ファインデックス<3649.T>が急騰、エンビプロ・ホールディングス<5698.T>、リニカル<2183.T>も大幅高。レノバ<9519.T>が値を飛ばし、新日本科学<2395.T>、ラクス<3923.T>の上げ足も目立つ。

 半面、日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などが売りに押され、三菱電機<6503.T>が冴えず、富士通<6702.T>も軟調。マネックスグループ<8698.T>が大幅安、良品計画<7453.T>も売られた。ペッパーフードサービス<3053.T>が急落、アイスタイル<3660.T>も大きく値を下げた。ファーマフーズ<2929.T>、ワイエイシイホールディングス<6298.T>なども下落した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・6日>(大引け)=日本ケミコン、プロパティA、バイク王など
日経平均入れ替え:国内大手証券は任天堂の採用、スカパーJの削除など予想◇
ラクスが大幅高、陽線連打で1カ月間に7割超の強烈上昇トレンド形成


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »