株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブックオフGの21年5月期業績は計画上振れで着地  7月06日17時02分

 ブックオフグループホールディングス<9278.T>がこの日の取引終了後、集計中の21年5月期連結業績について、売上高が930億円から935億9700万円へ、営業利益が17億5000万円から19億3600万円へ、最終利益が収支均衡から1億5700万円の黒字へ上振れて着地したようだと発表した。

 従来予想では、今年4月に緊急事態宣言が発出され、その後対象地域が拡大されたことを踏まえて、売上高は弱含みに推移する見通しとしていたが、その後の国内直営店売上高が想定を上回った。また、宣伝広告費など各種コストの抑制に努めたことも寄与した。なお、決算期変更の経過期間で14カ月決算となるため、前の期との比較はない。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場に向けて=太陽光発電で錯綜する思惑
PSSが新型コロナ「デルタ株」検出用PCR試薬を発売
キユーピー、21年11月期最終35.3%増益見通しに上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »