株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「センサー」が28位、自動運転など車載向けで活躍期待<注目テーマ>  7月07日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 パワー半導体
2 2021年のIPO
3 脱炭素
4 半導体
5 全固体電池
6 人材派遣
7 旅行
8 半導体製造装置
9 再生可能エネルギー
10 太陽光発電関連

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「センサー」が28位となっている。

 ここ株式市場で、投資テーマとしての「センサー」に関心が集まっている。このテーマでは、FA用センサーを手掛けるキーエンス<6861.T>が筆頭格にあげられるほか、CMOSセンサーで世界シェアの約半分を握るソニーグループ<6758.T>の注目度も高い。CMOSセンサーとは光を電気信号に変換する半導体を用いた画像センサーのことで、スマートフォンのカメラなどに使われているが、実用化が進む自動運転分野での展開も見込まれている。直近、ソニーGの半導体子会社が今後の画像センサー需要の増加を見据え、熊本県の工場用地を取得する見通しにあることが伝わっている。熊本での新工場建設に向けて台湾の半導体受託生産大手TSMCと合弁会社を設立するとの観測も取り沙汰されているだけに、今後の動向から目が離せない。

 自動運転など車載用途での活躍が期待されるCMOSセンサーだが、自動車向けのセンサーにはこれ以外にもさまざまなものがあり、関連銘柄として温度センサーを手掛ける芝浦電子<6957.T>や大泉製作所<6618.T>、圧力計・圧力センサー大手の長野計器<7715.T>に注目。また、排ガス用センサーで世界シェアトップの日本特殊陶業<5334.T>、運転支援向け超音波センサーを手掛ける日本セラミック<6929.T>をはじめ、SEMITEC<6626.T>、東京コスモス電機<6772.T>、北陸電気工業<6989.T>など。

 このほかセンサー関連の銘柄群の中で、年内に新開発のCMOSセンサーを市場投入予定のテックポイント・インク<6697.T>、防犯用・自動ドア用センサー大手のオプテックスグループ<6914.T>、新型コロナワクチン保冷庫向け温度センサーを手掛けていることから人気化した経緯がある神栄<3004.T>などが要マークとなる。加えて、ソニーG向けを柱とする光源装置製造会社のインターアクション<7725.T>、イメージセンサーや液晶向け検査装置が主力のウインテスト<6721.T>などにも目を向けておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反落、一時500円近い下げも後半下げ渋る
明日の株式相場に向けて=太陽光発電で錯綜する思惑
午前:債券サマリー 先物は反発、長期金利0.030%に低下


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »