株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 フェリシモ、ハニーズホールディングス、朝日インテックなど  7月08日07時15分

銘柄名<コード>7日終値⇒前日比
ディスコ<6146> 33750 -450
第1四半期の個別売上高は会社計画をやや下回る。

ヤマトホールディングス<9064> 3260 +80
6月の小口貨物取扱実績で、宅配便は前年同月比12.6%増加。

DMG森精機<6141> 1779 -59
CB発行の発表後の下落トレンド継続、75日線割れで見切り売りも。

GCA<2174> 1026 +35
25日線突破・1000円台乗せで上値妙味強まる。

フェリシモ<3396> 1763+300
第1四半期営業益は通期計画を大幅超過。

前澤工業<6489> 699 +82
業績上方修正や自社株買いの発表を好感。

ハニーズホールディングス<2792> 1179 +126
前期大幅増益転換や今期の連続2ケタ増益見通しで。

グリムス<3150> 2064+126
再生エネ関連の出遅れとして関心が向かう展開へ。

ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265> 2009 +130
想定以上の上方修正や大幅増配を好感。

システムソフト<7527> 228 +18
値動きの軽い低位材料株として短期資金の値幅取り続く。

東京機械製作所<6335> 799 +54
特に新規材料観測されないが、収益拡大見通しを手掛かりとする動き続く。

わらべや日洋ホールディングス<2918> 2342 +170
第1四半期大幅増益決算や新工場建設を材料視。

インプレスホールディングス<9479> 242 +16
先週末急伸からは値動き荒い展開が続く。

ラクーンホールディングス<3031> 2305 +61
調整一巡感も強まっておりリバウンド狙いの動きにも。

レノバ<9519> 4905 +385
6日の総合資源エネルギー調査会小委員会なども材料視。

TSIホールディングス<3608> 385 +16
第1四半期好決算評価の動きが続く。

ディー・エル・イー<3686> 418 +23
高値圏で買い戻しの動きが優勢に。

エスプール<2471> 1002 +46
決算発表後の利食い売りも一巡感で見直し買い。

テクノプロ・ホールディングス<6028> 2764+111
権利落ち後の下げで売り一巡感強まっており。

朝日インテック<7747> 2780 +120
ジェフリーズ証券では投資判断を格上げ観測。

キャリアインデックス<6538> 884 +28
25日線までの下落で調整一巡感強まる。

ファインデックス<3649> 1186 -29
「Vision for 2025」発表で前日は急伸となったが。

三井E&Sホールディングス<7003> 535 -44
6日まで3連騰の反動で戻り売り。

キユーピー<2809> 2458 -94
上方修正後の通期予想は市場想定を下回る水準。

T&Dホールディングス<8795> 1410 -62
米長期金利の低下をマイナス視へ。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »