株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「サイバーセキュリティ」が19位にランク、政府の次期戦略案で米国などとの連携強化を明記<注目テーマ>  7月08日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 パワー半導体
2 2021年のIPO
3 脱炭素
4 半導体
5 旅行
6 全固体電池
7 再生可能エネルギー
8 グローバルニッチ
9 半導体製造装置
10 太陽光発電関連

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「サイバーセキュリティ」が19位となっている。

 政府は7日、サイバーセキュリティ戦略本部の会合を開き、今後3年間の基本方針となる「次期サイバーセキュリティ戦略案」をまとめた。このなかで、中国やロシア、北朝鮮はサイバー能力を構築・増強し、情報を盗み取ることなどを狙ったサイバー攻撃を行っているとみられると指摘。外交・安全保障上のサイバー分野の優先度をこれまで以上に高めるとともに、米国やオーストラリア、インド、東南アジア諸国(ASEAN)などとの連携を強化することが明記された。

 また、2022年度予算の概算要求に向けた重点化方針として、「経済社会の活力の向上及び持続的発展」「国民が安全で安心して暮らせるデジタル社会の実現」「国際社会の平和・安定及び我が国の安全保障への寄与」「横断的施策(人材育成など)」の4分野を掲げ、サイバー攻撃への対応力を高める方針を示した。

 最近では米IT企業が標的となるなど大規模なサイバー攻撃が相次いでいることもあり、デジタルアーツ<2326.T>、ソリトンシステムズ<3040.T>、セキュアヴェイル<3042.T>、テリロジー<3356.T>、FFRIセキュリティ<3692.T>、フーバーブレイン<3927.T>、アズジェント<4288.T>、HENNGE<4475.T>、サイバーセキュリティクラウド<4493.T>といった関連株に注目しておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<07月07日の25日・75日移動平均線デッドクロス銘柄>
午前:債券サマリー 先物は続伸、長期金利0.020%に低下
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にOSG


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »