株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は4日ぶり大幅反発、米中株高など追い風に600円超高  7月12日15時53分

日経平均は4日ぶり大幅反発。9日の米国市場でNYダウは反発し、448ドル高となった。
長期金利の上昇とともに世界経済の減速懸念が和らぎ、主要株価指数は揃って過去最
高値を更新。東京市場では上場投資信託(ETF)の分配金捻出に絡んだ売り一巡が意識され、5月機械受注統計の予想上振れもあって、週明けの日経平均は472円高からスタートした。中国人民銀行(中央銀行)の預金準備率引き下げで上海株が堅調となり、日経平均も前引けにかけて28595.12円(前週末比654.70円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比628.60円高の28569.02円となった。東証1部の売買高は10億3577万株、売買代金は2兆3803億円だった。業種別では、機械、金属製品、電気機器が上昇率上位で、その他も全般堅調。海運業と空運業の2業種のみ下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の92%、対して値下がり銘柄は7%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>、レーザーテック<6920>、トヨタ自<7203>、ファーストリテ<9983>などの売買代金上位が全般堅調。第1四半期決算と通期予想の上方修正を発表した安川電<6506>が6%超上昇し、ファナック<6954>など他の設備投資関連株も上げが目立った。ライフコーポ<8194>やビックカメラ<3048>、吉野家HD<9861>は決算を受けて大きく上昇。また、業績上方修正の日置電<6866>が急伸し、ダントーHD<5337>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、売買代金上位ではエーザイ<4523>と郵船<9101>が逆行安。エーザイはアルツハイマー病治療薬の承認過程について、米当局が調査を要請したと報じられた。アステナHD<8095>
やナルミヤ<9275>は好決算ながら材料出尽くし感から売りがかさみ、東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »