株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、時価総額上位銘柄が堅調、直近IPO物色はやや落ち着く  7月12日15時59分

 本日のマザーズ指数は続伸となった。日経平均同様にマザーズ指数もギャップアップからのスタートに。その後はきょうの高値圏での横ばいとなったものの、後場に入りやや強含み、若干レンジを切り上げる展開となった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1303.26億円。騰落数は、値上がり248銘柄、値下がり107銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、9%高となった直近IPOのコラントッテ<7792>がマザーズ売買代金トップにランクイン。前週からは若干の落ち着きを見せたものの、直近IPO銘柄の一角への日替わり的な物色が続いた。コラントッテの他、アイドマ・ホールディングス<7373>やベイシス<4068>なども上昇。また、Google関連の一部報道をきっかけとした物色が続いているメタップス<6172>は、国内証券の強気格付け観測も追い風となり関心継続。21年7月期計画を公表し、復配も発表したメディアシーク<4824>も大幅高に。Pアンチエイジ<4934>、メルカリ<4385>、BASE<4477>、弁護士ドットコム<6027>、そーせい<4565>などマザーズの時価総額上位銘柄でも堅調さが目立った。その他、リボミック<4591>、ミンカブ<4436>、などが買われた。一方、直近IPO銘柄の一角では日本電解<5759>
を筆頭に、BlueMeme<4069>、コンフィデンス<7374>、ステムセル研究所<7096>などが売りに押された。その他、JTOWER<4485>、FRONTEO<2158>、セルソース<4880>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »