株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=急反発、米株高受け600円超の上昇  7月12日11時47分

 12日前引けの日経平均株価は前営業日比640円36銭高の2万8580円78銭と急反発。前場の東証1部の売買高概算は5億6211万株、売買代金概算は1兆2600億円。値上がり銘柄数は2004、対して値下がり銘柄数は128、変わらずは60銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、リスク選好ムードが強まるなか日経平均株価は寄り付きから大きく上昇、寄り後も先物を絡め上値指向を維持し前場はほぼ高値圏で引けた。前週末の米国株市場でNYダウが大幅反発し、過去最高値を更新。ハイテク株比率が高いナスダック総合指数も最高値をつけるなど市場センチメントが強気に傾いており、これを引き継ぐ形となった。値上がり銘柄数は2000あまりに達し全体の9割を超える銘柄が上昇した。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が断トツの売買代金をこなし上昇、レーザーテック<6920.T>、東京エレクトロン<8035.T>も高い。安川電機<6506.T>も値を上げた。日本電産<6594.T>も買いを集めた。ダントーホールディングス<5337.T>が大幅高、HIOKI<6866.T>が急騰、北興化学工業<4992.T>はストップ高カイ気配。半面、エーザイ<4523.T>が軟調、JR東海<9022.T>も売りに押された。アステナホールディングス<8095.T>が大幅安、キャリアリンク<6070.T>も値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソフトバンクGが4日ぶり反発、ナスダック最高値更新を追い風に売買代金は断トツ
北興化がS高カイ気配に張りつく、半導体材料など好調で3~5月期営業2割増益に
HIOKIが一時12%高、21年12月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »