株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジモティーが4日ぶり反発、ブックオフと余剰在庫を地域内でリユースさせる実証事業第3弾を開始◇  7月12日13時59分

 ジモティー<7082.T>が4日ぶりに反発している。午後1時ごろ、ブックオフグループホールディングス<9278.T>傘下のブックオフコーポレーションと提携し、余剰在庫をジモティーに出品し、地域内でリユースすることで収益に変える実証事業を開始すると発表しており、これが好材料視されている。

 今回の取り組みは、リサイクルショップや不用品回収業者が倉庫内の在庫を手間やコストを極力かけずに、ジモティーで大量に販売する。これまでリサイクルショップや不用品回収業者では、大量に不用品を買い取り・回収する過程で、余剰在庫となる商品が多く発生し倉庫のスペースを圧迫することが課題となっていた。今回の取り組みでは、倉庫内の在庫をジモティーに出品し、必要としている人に販売することで、収益化させるだけでなく、地域内でのリユースを促進することが可能であるとしている。なお、実証事業では横浜市瀬谷区にあるブックオフの東名横浜ロジスティクスセンターでジモティーへの出品をサポートするとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ハブが反落、関東圏全店を8月22日まで休業
キャリアLは4日続落、第1四半期営業利益40%増もサプライズ感なし
<個人投資家の予想> 07月12日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »