株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

多木化が続急伸、バカマツタケ事業化で大量生産試験設備を増設  7月13日09時27分

 多木化学<4025.T>が続急伸している。12日の取引終了後、5月に大量生産試験が可能なバカマツタケ研究栽培設備を増設したと発表しており、バカマツタケ事業化が順調に進んでいることが好感されている。

 同設備により、量産スケールでの生産安定性、生産コストなど課題解決のための検討を加速するという。なお、22年度内の事業化を目指している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<07月12日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>
F-ブレインがしっかり、6月度売上高は19%増
黒谷は3日続伸、第3四半期営業益は大幅増益で通期計画を超過


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »