株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は69円安でスタート、ファナックやJR東海などが下落  7月15日09時30分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28539.32;-69.17TOPIX;1958.67;-4.49


[寄り付き概況]

 15日の日経平均は69.17円安の28539.32円と続落して取引を開始した。前日14日の米国株式市場はまちまち。ダウ平均は44.44ドル高の34933.23ドル、ナスダックは32.70ポイント安の14644.95で取引を終了した。6月生産者物価指数(PPI)が予想を上回ったものの、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の下院金融サービス委員会での証言を控え、金融緩和策を当面維持することが示唆されるとの憶測に寄り付き後、上昇。証言で、インフレリスクに対する時期尚早の対処を警告するなど、ハト派姿勢が確認され、ダウは終日堅調に推移した。ナスダック総合指数は小幅安だった。

 今日の東京株式市場は売りが先行した。国内に加え、アジアなどで新型コロナ感染が拡大しており、足元経済や日本企業の事業活動の足かせとなることが懸念材料となっていることに加え、外為市場で1ドル=109円90銭台と、昨日15時頃に比べ50銭ほど円高・ドル安に振れたことなどが株価の重しとなった。一方、米国の緩和的な金融政策が長期化するとの見方が強くなったことのほか、今後発表が増える国内企業の21年4-6月期決算への期待感も指摘され、株価下支え要因となったが、寄り付き段階では売りが優勢だった。なお、取引開始前に発表された対外及び対内証券売買契約などの状況
(週間)によると、海外投資家は7月4-10日に国内株を5週連続で売り越した。売越額は105億円だった。今日は前場に、4-6月期の中国GDPなど、中国経済指標が数多く発表される。また、後場には、台湾TSMCが21年4-6月期決算を発表する。

 セクター別では、鉱業、ゴム製品、その他金融業、繊維製品、機械などが値下がり率上位、水産・農林業、倉庫運輸関連、食料品、建設業、パルプ・紙などが値上がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、任天堂<7974>、ファナック<6954>、JR東海<9022>、レノバ<9519>、ルネサス<6723>、第一生命HD<8750>、リクルートHD<6098>、シマノ<7309>、ブリヂストン<5108>、三菱自<7211>、イビデン<4062>、マネックスG<8698>、第一三共<4568>などが下落。他方、日本電産<6594>、日本郵船<9101>、武田薬<4502>、富士フイルム<4901>、KDDI<9433>、花王<4452>、JT<2914>
などが上昇している。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »