株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

交換できるが反発、中国地方へ事業エリアを拡大  7月16日11時26分

 交換できるくん<7695.T>が反発している。15日の取引終了後、中国地方へ事業エリアを拡大すると発表しており、これが好感されている。

 同社は5大都市圏(関東・関西・東海・札幌・九州北部)でサービスを展開しているが、9月に広島市安佐南区に拠点を開設し、これにより中国地方中西部から九州北部を商圏とすることが可能となるとしている。なお、同件は22年3月期業績予想には含まれていないという。

 同時に、本社を移転すると発表した。現在の東京都渋谷区東1丁目26番20号東京建物東渋谷ビル12階から、12月をメドに同ビル7階に移転する。これに伴う費用が業績に与える影響は軽微としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
エヌリンクスはS高、第1四半期営業損益黒字転換で通期予想を上回る
INPEXや石油資源が続落、原油需給の悪化懸念でWTI下落◇
ブロンコBが反発、給付金計上で21年12月期最終利益を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »