株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:続落、EC下支えも5日線が重し  7月19日08時25分

本日のマザーズ先物は続落が予想される。16日の米国株式市場は、6月の経済指標が予想外のプラスに改善したため強い回復への期待が高まり、寄り付き後、上昇。しかし、7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想外に低下したため期待が後退し、下落に転じた。さらに、国内でも新型コロナデルタ株の感染が急増していることが明らかになると回復が損なわれるとの懸念が広がり、引けにかけて下げ幅を拡大。ナスダックも下落した。本日のマザーズ先物は、米国市場やナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、続落でのスタートが予想される。国内では、日本経済新聞に企業業績や新サービスに関して、EC関連の前向きな記事が多数掲載されており、BASE<4477>
やメルカリ<4385>などEC関連が相場を下支えすることが期待されよう。日足チャートでは5日線近辺を維持できるかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1161.0pt、下値のメドは1100.0ptとする。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »