株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米国金利の先高観  7月19日10時32分

 16日の米国債券市場で10年債利回りは伸び悩んだ。この日発表された6月米小売売上高は予想に反して増加したが、7月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は6月実績を下回ったことや。新型コロナウイルス変異株(デルタ株)の感染拡大を警戒して米国株式が下落したことが債券利回りの上昇を抑えたようだ。

 ただ、今週発表される7月の米マークイット製造業PMIとサービス業PMIなどの経済指標が市場予想を上回った場合、米FRBによる量的緩和策の早期縮小観測は再び強まり、ドルは主要通貨に対して強い動きを見せる可能性がありそうだ。欧州中央銀行(ECB)
は現行の大規模な金融緩和策を長期間維持する可能性が高いことも、ドル相場の下支え要因とみられる。


<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »