株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CDSは反落、上期業績は計画上振れで着地も材料出尽くし感  7月19日14時16分

 CDS<2169.T>は反落している。前週末16日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(1~6月)連結業績について、営業利益が2億7200万円から3億4900万円(前年同期比28.8%減)へ、純利益が2億2900万円から3億4700万円(同19.7%増)へ上振れて着地したようだと発表したが、材料出尽くしとの見方が強いようだ。

 売上高は従来予想の37億3800万円に対して37億600万円(同10.5%減)とやや計画を下回ったものの、エンジニアリング事業で教育関係の案件が想定以上に進捗していることに加えて、諸経費の抑制が奏功した。また、助成金収入なども寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
i-plugが大幅3日続伸、6月の主要KPIの順調な伸びを確認
クックビズは朝高後に値を消す、スカラと飲食店のDX支援に向けて業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »