株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「グローバルニッチ」が10位、“ポスト・レーザーテック候補”をロックオン<注目テーマ>  7月20日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 パワー半導体
2 脱炭素
3 再生可能エネルギー
4 2021年のIPO
5 中古車
6 太陽光発電関連
7 半導体
8 半導体製造装置
9 旅行
10 グローバルニッチ

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で「グローバルニッチ」が10位にランクインしている。

 20日の東京株式市場は世界株安の流れのなかで下値模索の動きが続き、日経平均は2万7000円台前半まで売り込まれる展開となった。ただ、下値に大きく突っ込んだ場面では銘柄によっては押し目買いの動きが観測されている。物色対象の条件としては足もとの業績拡大が顕著な銘柄や、中期成長を支える高シェア商品を有する企業が有力候補となる。

 きょうは、マスクブランクス検査装置でグローバルニッチ企業の象徴的存在となったレーザーテック<6920.T>が、全体下げ相場が続くなか、一時1200円近い上昇で2万2000円台に派手な切り返しを演じマーケットの耳目を集めた。

 ニッチトップ企業の持つ成長ドライバーは足もとの業績数字以上に株価評価の礎となるケースも多い。現在は、新型コロナウイルスの感染再拡大を背景に経済活動抑制の動きが世界的に広がっているが、そういった逆風局面でも、圧倒的な商品競争力を持つ企業は国際的に有利な環境で商機を捉えることができる。日本ではポスト・レーザーテックを狙うテンバガー候補が軒を連ねており、地合い悪の局面で意中の銘柄の押し目を拾いにいくのも有効な投資戦略といえる。

 注目される銘柄としては、ポスト・レーザーテックの最右翼とも目される日本電子<6951.T>や、ジェイテックコーポレーション<3446.T>、シグマ光機<7713.T>、QDレーザ<6613.T>といったレーザー関連株や、EV用電池材料に絡むニッポン高度紙工業<3891.T>、第一稀元素化学工業<4082.T>、大阪チタニウムテクノロジーズ<5726.T>などが有力。また、放電加工機のソディック<6143.T>、超硬ドリルのユニオンツール<6278.T>、油圧式杭圧入引抜機の技研製作所<6289.T>、医療用ワイヤの朝日インテック<7747.T>なども合わせてマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続落、欧米株安受けリスクオフ続く
東エレクなど半導体製造装置株が堅調、SOX指数など底堅く押し目買い優勢に◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にキヤノン


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »