株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=264円安、欧米株安受けリスク回避の売り圧力続く  7月20日15時52分

 20日の東京株式市場はリスクオフの流れが継続し日経平均株価は5日続落で2万7000円台前半まで水準を切り下げ、約半年ぶりの安値に沈んだ。

 大引けの日経平均株価は前営業日比264円58銭安の2万7388円16銭と5日続落。東証1部の売買高概算は10億8646万株、売買代金概算は2兆3941億円。値上がり銘柄数は441、対して値下がり銘柄数は1656、変わらずは95銘柄だった。

 きょうの東京市場は前日の欧米株市場が軒並み軟調だったことを受けリスクを回避する売り圧力が継続。押し目買いニーズも限定的で、日経平均は2万7300円台まで売り込まれた。米長期金利が1.2%台割れと急低下し、日米金利差縮小を背景に外国為替市場で1ドル=109円台半ばまで急速にドル安・円高が進んだことが嫌気された。また、新型コロナウイルスのインド型変異株であるデルタ株の感染拡大が懸念され、景気敏感株を中心に売りが優勢だった。前場は半導体関連の一角が買われたことなどを背景に下げ渋ったものの、買いが続かず後場は再び下げ幅を広げた。業種別では東証33業種中で精密と食料品を除く31業種が安く、個別ベースでも東証1部全体の75%強の銘柄が下落するなど地合いの悪さが際立った。

 個別では、任天堂<7974.T>が安く、ソフトバンクグループ<9984.T>、トヨタ自動車<7203.T>も軟調。ファーストリテイリング<9983.T>、ファナック<6954.T>も値を下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクが下値を探る展開に。JVCケンウッド<6632.T>が急落、エフオン<9514.T>、三櫻工業<6584.T>も大幅安。このほか、クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387.T>、ウイングアーク1st<4432.T>などの下げも目立った。

 半面、売買代金トップのレーザーテック<6920.T>が大きく買われたほか、キヤノン<7751.T>も商いを伴い上昇した。日本アジア投資<8518.T>が急速人気化し、ジェイテックコーポレーション<3446.T>が急動意、ベイカレント・コンサルティング<6532.T>も物色人気となった。セイコーエプソン<6724.T>が買いを集め、ウエルシアホールディングス<3141.T>も大きく値を上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・20日>(大引け)=アジア投資、オプトエレ、Sansanなど
エプソンが大幅反発、キヤノンの上方修正で連想買い向かう◇
ニコンは全般軟調相場に逆行、決算期待の先回り買い向かう◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »