株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヴィンクスが大幅反発、POSシステムと店舗IoT機器との接続インターフェイスが国際標準仕様として採択  7月21日13時43分

 ヴィンクス<3784.T>が大幅高で6日ぶりに反発している。20日の取引終了後、POSシステムと店舗IoT機器との接続インターフェイスの仕様が国際標準仕様として採択されたと発表。これにより、同社が提唱する次世代型店舗システムの普及・拡大が期待できるとの見方から買いが入っているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ジェイテクトが3日ぶり反発、自動車部品や工作機械受注の回復に期待
スマレジが続伸し上場来高値、「スマレジ・タイムカード」の登録事業所数が10万を突破
リファバスGは一時S高、三菱ケミカルに原料プラスチック供給へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »