株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

HPCシスは後場急上昇、限定性・偏向性のあるデータから新材料を推薦するシステムを開発  7月21日14時36分

 HPCシステムズ<6597.T>は後場急上昇している。午後2時ごろ、同社と北陸先端科学技術大学院大学、物質・材料研究機構、産業技術総合研究所などによる研究チームが、証拠理論を用いたデータ駆動型アプローチによる新材料推薦システムを開発したと発表しており、これが好材料視されている。

 同研究では、関連性が明確ではないデータ群から、材料組成が関係し説明可能で合理性があるデータの関連性を抽出し、新たに有効なデータ群を構築することで、新材料の提案と合成を実現。これにより、材料開発に利用可能なデータ群を劇的に拡張し、材料開発を加速することができるとしている。また、ハイエントロピー合金(多数の元素からなる複雑な組成をもった合金)の研究開発への適用及び実験検証により、薄膜で新たな単相合金薄膜材料の合成に成功したという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 07月21日 14時
ピックルスが急反発、国内大手証券が投資評価「1」でカバレッジを開始
巴川紙が後場急伸、22年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »