株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日鋳造の第1四半期営業損益は黒字に転換  7月21日16時22分

 日本鋳造<5609.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(4~6月)連結決算を発表しており、売上高24億9700万円(前年同期比1.5%減)、営業利益4200万円(前年同期2000万円の赤字)、純利益3600万円(同26.3%減)となった。

 超大型鉱山機械向け鋳鋼品がまだ回復基調に至っておらず、エンジニアリング部門の一般建築向け柱脚で、五輪需要後の端境期が長期化していることなどから、売上高は減少した。ただ、製鉄所高炉改修で使用される部材・特殊鋼向け鋳型や工作機械向け鋳鉄品の需要が回復していることに加えて、半導体製造装置向け鋳鋼品も堅調に推移していることや、生産性改善と外注加工の内製化などが寄与し営業損益は黒字に転換した。

 なお、22年3月期通期業績予想は、売上高130億円(前期比9.2%増)、営業利益7億5000万円(同50.9%増)、純利益4億8000万円(同10.2%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
21日の主なマーケットイベント
エイトレッドの第1四半期は54%増営業増益
東京株式(大引け)=159円高、米株高に追随も4連休控え上値重い


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »