株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイビー---急伸、PDK1の活性化抑制剤の発明について特許査定を受領  7月27日12時38分

急伸。PDK1の活性化抑制剤の発明について特許査定を受領したと発表している。マクロファージにおけるPDK1の過剰な活性化は、皮膚の炎症や腫瘍の悪性化、糖尿病、心筋梗塞などを誘導することが知られている。今回の発明はインドソケイの花の抽出物にPDK1の過剰な活性化を抑制する作用を見出したもので、症状に対する予防的効果を期待しているという。今後、所定の手続きを経て特許権を設定登録する。



<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »