株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今後の米中関係  7月27日11時55分

 報道によると、シャーマン米国務副長官は7月26日に中国の王毅外相らと会談を行った。米政府当局者の話によると、米中首脳会談の実現について議論されなかったようだ。一方、中国の謝鋒外務次官は、「米中関係が行き詰まっている」と指摘した。報道によると、シャーマン副長官は、香港、新疆ウイグル自治区、チベットなどにおける中国の行動や、サイバー攻撃などについて懸念を表明したようだ。

 市場関係者の間では「米中関係が良くないことは新たな問題ではないとしても、二国間の関係がさらに悪化した場合、世界経済に重大な影響を与える可能性がある」との見方が広がっているようだ。米中関係のすみやかな改善は困難との見方が多いことから、中国本土株式(上海総合指数)は本日27日もさえない動きとなる可能性がある。中国株安を嫌って日経平均が弱含みとなった場合、外為市場ではリスク回避的な取引が増える可能性がありそうだ。

<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »