株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

KIMOTOは急反落、第1四半期営業損益黒字転換も利益確定売り  7月27日12時58分

 KIMOTO<7908.T>は急反落している。26日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高29億1800万円(前年同期比20.2%増)、営業利益1億3800万円(前年同期2億5300万円の赤字)、最終利益1億1100万円(同2億6800万円の赤字)と黒字転換で着地したが、株価は前日までの上昇局面で4月23日につけた年初来高値318円に接近しており、目先の材料出尽くし感から利益確定売りが出ているようだ。

 5Gを中心としたIoT関連製品向けの高付加価値製品の販売が堅調に推移したことに加えて、半導体不足の影響が懸念された電子部品向け製品にも大きな影響はなく出荷量が増加したことが牽引。また、生産体制の効率化による原価低減効果も寄与した。

 なお、22年3月期通期業績予想は、売上高126億円(前期比9.0%増)、営業利益9億円(同2.2倍)、純利益7億3000万円(同48.2%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続伸、薄商いで買い一巡後は伸び悩む展開に
JSBが大幅安、公募と売り出しによる利益希薄化や需給悪化を警戒
トヨタは3日続伸、逆風材料こなし1万円大台復帰に向け虎視眈々


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »