株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ユーグレナ、バイオ燃料事業で脱炭素関連の有力株に  7月27日10時00分

 ユーグレナ<2931.T>は7月上中旬に1100円台で戻り高値を形成後、目先筋の売りでいったん調整を入れたが、25日移動平均線近辺で下げ止まりリバウンド局面に移行している。戻り高値奪回から1200円台を指向する展開が期待できそうだ。

 同社は微細藻類ミドリムシを栽培し、これを活用した食品や化粧品を手掛けるが、マーケットで耳目を集めているのはミドリムシを使ったバイオ燃料事業だ。カーボンニュートラルの観点から空運業界では同社が研究開発を進めるバイオジェット燃料の活用が有力視されている。6月にはミドリムシ由来の燃料で初フライトに成功したが、これは近い将来の業績飛躍の可能性を示唆している。また、内航船舶や鉄道建設現場におけるバイオ燃料利用に向けた布石にも余念がなく、7月初旬には鉄道・運輸機構と包括連携することで基本合意したことを発表している。

 こうした動きを背景に同社株は脱炭素関連の有力銘柄として改めて脚光を浴びる可能性が高まっており、1000円近辺の株価は仕込みチャンスとなろう。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日本製鉄など鉄鋼株への物色続く、鋼材需要旺盛で超割安圏の株価見直しへ◇
富士通ゼは続落、上期業績予想を上方修正も材料出尽くし感
トランコムは4日続伸、第1四半期営業益38%増で上半期計画進捗率59%


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »