株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

川本産業など新型コロナ対策関連株が高い、デルタ型拡大への警戒感高まる◇  7月28日09時51分

 川本産業<3604.T>、中京医薬品<4558.T>が逆行高。ここ新型コロナウイルスのデルタ型の感染が世界的に拡大している。国内でも、前日27日に東京都の新規感染者数が過去最多となるなど増加傾向が顕著となるなか、株式市場では昨年の感染拡大初期に物色が向かった一連の新型コロナ対策関連株が再び買われる展開となっている。アゼアス<3161.T>や興研<7963.T>、重松製作所<7980.T>なども高い。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アジャイルが大幅続伸、サイブリッジによる買い増しと富士通との連携を材料視◇
28日韓国・KOSPI=寄り付き3226.06(ー6.47)
ソフトバンクGが下げ加速、中国ネット企業規制強化を嫌気し一段安


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »