株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブロドリーフが4日ぶり反落、21年12月期業績予想及び配当予想を増額修正も反応限定的  7月28日14時26分

 ブロードリーフ<3673.T>は4日ぶりに反落している。この日正午ごろ、21年12月期連結業績予想について、売上高を201億円から203億5000万円(前期比3.8%減)へ、営業利益を24億円から26億円(同37.1%減)へ、純利益を15億5000万円から16億4000万円(同33.5%減)へ上方修正し、あわせて従来7円を予定していた年間配当を8円に引き上げると発表したが、想定内との見方が強く市場の反応は限定的のようだ。

 上期で業務ソフトウェアの販売数が計画を上回る見込みとなったほか、オンラインによる営業活動を推進したことにより、営業コストや事業運営コストを効果的に配分できたことも業績に寄与する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オービックに強気評価、国内有力証券は投資判断「A」を継続
ブレインズの初値は4165円、公開価格の2.3倍
エステーが上げ幅拡大、4~6月期は実質増収増益で着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »