株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ディップ、求人広告とDXで中期高成長へ  7月28日10時00分

 ディップ<2379.T>は、DX事業と求人広告事業のクロスセルによる、中期高成長期待を織り込む動きが期待できる。

 7月7日に発表した第1四半期(3~5月)連結決算は営業利益が18億5600万円となった。前年同期は連結決算ではなかったため比較はないものの、ワクチン接種の加速による求人需要の急回復を見据えた広告投資や人員増強などで、単独決算との比較では33.8%減となった。

 ただ株式市場では、これをネガティブ視する動きは限定的だ。コロナ禍からの回復にはまだ不確定要素はあるものの、ワクチン接種の増加による求人需要の回復というシナリオには変化はなく、サービス業の労働需給の逆転は同社に有利に働くこと、自社営業ツールなどを活用して需要の変化を機敏に捉え、的確に営業人員を配置したことによりシェアが拡大していることなどがその要因。また、面接日程の自動調整などを行う「面接コボット」を中心とした「コボット」シリーズの販売が伸長し、DX事業の成長が加速していることも注目されている。

 更に、5月スタートの新サービスで専門職の総合求人サイト「バイトル PRO」も業績に貢献しよう。22年2月期通期は、会社側は営業利益77億~118億円(前期比5.3~61.4%増)を予想。また23年2月期に関しては、調査機関の中には同140億円弱を見込むところもある。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
タツタが一時10%超安と急落、22年3月期利益予想の減額修正を嫌気
日シス技術は新値追い、新型コロナ感染リスク予測アプリ「コロミル」を提供開始
サカイオーベがS高カイ気配、MBO発表でTOB価格3810円にサヤ寄せ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »