株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 グローバルウェイ、霞ヶ関キャピタル、川本産業など  7月29日07時32分

銘柄名<コード>28日終値⇒前日比
SUMCO<3436> 2470 -179
半導体関連株安に押される、信越化の決算も材料視されず。

アマノ<6436> 2703 -211
第1四半期営業黒字転換も期待値には届かず。

ラクス<3923> 3195 -115
直近ではゴールドマン・サックス証券が投資判断を格下げ。

インプレスホールディングス<9479> 270 -8
27日急伸の反動で短期資金の利食い優勢か。

名村造船所<7014> 205 -11
27日にかけて大幅上昇の反動も。

ソニーG<6758> 11135 +85
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断格上げ観測。

ソフトバンクグループ<9984> 6745 -343
米ナスダックの大幅下落も重しに。

信越化<4063> 17645 -235
塩ビを中心に第1四半期好決算も地合い悪に押される。

東邦金属<5781> 1076 +59
決算発表控えて期待感先行か。

川本産業<3604> 1099 +86
新型コロナ感染者数の再拡大など材料視か。

シック・ホールディングス<7365> 784 +26
21年9月期予想を上方修正、当期純利益は4.46億円から16.46億円に引き上げ。

スリー・ディー・マトリックス<7777> 321 -7
アスベストが原因で発症することが知られている悪性胸膜中皮腫に対して顕著な
治療効果の可能性がある核酸医薬の抗がん剤の開発に共同開発先の広島大学が成功。

フルヤ金属<7826> 6700 -100
21年6月期予想を上方修正、営業利益は79.50億円から104.52億円に引き上げ。

コスモ・バイオ<3386> 1225 -18
21年12月期予想を上方修正、営業利益は7億円から9億円に引き上げ。

マクアケ<4479> 5310-1000
21年9月期予想を下方修正、営業利益は6.20億円から3.11億円に引き下げ。

両毛システムズ<9691> 1976 -414
第1四半期の営業損益は0.39億円の赤字転落で着地(前年同期は1.55億円の黒字)。

グローバルウェイ<3936> 2103 +400
22年3月期予想の上方修正を引き続き材料視。

霞ヶ関キャピタル<3498> 3820 +75
8月31日を基準日に1対2の株式分割を実施へ。

サーキュレーション<7379> 3790 -115
27日にマザーズ市場へ新規上場。28日は換金売りが優勢。

ブレインズテクノロジー<4075> 3540 -
28日マザーズ市場へ新規上場。公開価格は1780円。前場段階で初値形成に至らず。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »