株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新光電工が22年3月期業績予想を上方修正  7月29日16時34分

 新光電気工業<6967.T>がこの日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を2273億円から2420億円(前期比28.7%増)へ、営業利益を334億円から406億円(同74.0%増)へ、純利益を233億円から269億円(同49.3%増)へ上方修正した。

 第1四半期において、パソコンやサーバー向けにフリップチップタイプパッケージの売り上げが大きく増加するとともに、自動車市場の回復などを背景にリードフレームが大幅な増収となり、また、旺盛な半導体需要に支えられて半導体製造装置向けセラミック静電チャックの売り上げが増加するなどしたことが要因。また、第2四半期も引き続き好調な市場環境が継続することが見込まれるほか、為替相場が想定に比べて円安基調で推移していることなども寄与する。

 なお、同時に発表した第1四半期(4~6月)決算は、売上高580億6600万円(前年同期比36.9%増)、営業利益139億200万円(同3.7倍)、純利益100億8400万円(同3.1倍)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 07月29日 16時
不二家が21年12月期業績予想を上方修正
邦チタが第2四半期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »