株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジェイ・エス・ビー Research Memo(9):安定配当と業績に応じた利益還元の両立を重視。総還元性向20%が目標  7月30日16時39分

■株主還元策

ジェイ・エス・ビー<3480>は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題の1つと位置付け、持続的な成長と企業価値向上のための積極的な事業展開や様々なリスクに備えるための財務健全性のバランスを考慮したうえで、業績に応じた利益配分を行うことを基本方針とする。配当については、安定的かつ継続的な配当と業績に応じた利益還元の両立を重視し、連結総還元性向20%を目標に毎期の配当額を決定する方針である。自己株式の取得についても、株主還元や資本効率向上のため、時期及び財政状況に応じ機動的に実施する考えだ。

同社では、株式の流動性を高めるほか投資家層の拡大を図るため、2020年5月に1株につき2株の割合で株式分割を実施した。株式分割後ベースで2020年10月期の年間配当金は、普通配当金29円、会社設立30周年記念配当金5円、合計34円に増額した。また、取得価額249百万円の自己株式取得を実施し、配当金総額と自己株式取得を合算した総還元性向は20.8%となった。

2021年10月期についても普通配当金30円への増額を計画する。また、予定していた300百万円の自己株式取得は第2四半期までに完了している。業績予想を上方修正したことで、総還元性向は18.6%に低下する見込みであり、最終的な業績次第ではさらなる増配の可能性もありそうだ。株主への利益還元に前向きであると評価できるものの、同社の配当性向は2021年3月期の東証1部不動産業平均の29.8%を下回っていることから、引き続き配当性向の引き上げが課題となる。しかし中期経営計画に基づいて成長が見込まれる事業分野に経営資源を投入することで、持続的成長と株主価値増大の両立が可能であると弊社では見る。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)



<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »