株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プロパティDBK---年初来安値、第1四半期大幅減益決算をネガティブ視  7月30日13時20分

年初来安値。22年3月期第1四半期(21年4-6月)の営業利益を前年同期比51.3%減の0.52億円と発表している。クラウドサービスで月額利用料が増加したものの、ソリューションサービスの一部案件で新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化し、受注時期が遅れたことから減益となった。通期予想は前期比5.7%増の5.33億円で据え置いた。進捗率は9.8%にとどまっている。


<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »