株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:ドル・円はもみ合い、方向感は乏しい  8月02日12時00分


2日午前の東京市場でドル・円はもみ合い、109円台半ば後半の狭いレンジ内で方向感の乏しい値動きとなった。米10年債利回りの低下で、ややドル売りに振れやすい。ただ、日経平均株価や上海総合指数などアジア株高を受けた円売りで、主要通貨は対円で底堅さが目立つ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円60銭から109円77銭、ユーロ・円は130円08銭から130円27銭、ユーロ・ドルは1.1862ドルから1.1871ドル。

【経済指標】
・中・7月財新製造業PMI:50.3(予想:51.0、6月:51.3)

【要人発言】
・ブレイナード米連邦準備制度理事会(FRB)理事
「9月のデータ、今よりも自身を持って進展具合を判断できる」(7月30日)





<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »