株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

注射器関連株の一角に買い、「ブースター接種」で思惑的な物色向かう◇  8月02日11時21分

 注射器関連株の一角が買われている。河野太郎規制改革相が前週末にインターネット番組で、新型コロナワクチンの3回目接種(ブースター接種)について来年になるとの見通しを示したことが複数のメディアを通じて伝わっており、これを受けて思惑的な物色を誘っているようだ。不二硝子<5212.T>がストップ高となっているほか、不二精機<6400.T>、日本金属<5491.T>などが高い。テルモ<4543.T>やニプロ<8086.T>、JMS<7702.T>も堅調。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
大同工は大幅高で新高値にらむ、2輪車好調を背景に4~6月期営業大幅黒字化で通期増額も視野
フューチャー急反発、21年12月期業績予想と年間配当計画を上方修正
債券:先物、前場終値は前営業日比2銭安の152円28銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »