株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反発、GWがS高  8月02日11時33分

 2日前引けの東証マザーズ指数は前週末比0.67ポイント高の1086.01ポイントと反発。値上がり銘柄数は135、値下がり銘柄数は221となった。

 個別ではグローバルウェイ<3936>がストップ高。アーキテクツ・スタジオ・ジャパン<6085>など2銘柄は年初来高値を更新。Aiming<3911>、アズーム<3496>、BASE<4477>、ブレインズテクノロジー<4075>、Jストリーム<4308>は値上がり率上位に買われた。

 一方、サーキュレーション<7379>がストップ安。総医研ホールディングス<2385>、ベガコーポレーション<3542>、モブキャストホールディングス<3664>、FFRIセキュリティ<3692>、ドリコム<3793>など53銘柄は年初来安値を更新。すららネット<3998>、i-plug<4177>、弁護士ドットコム<6027>、エーアイ<4388>、ブロードマインド<7343>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

【関連ニュース】
今週の決算発表予定 ソニーG、トヨタ、任天堂など (8月2日~6日)
週間ランキング【値上がり率】 (7月30日)
週間ランキング【値下がり率】 (7月30日)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »