株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「工作機械」が27位にランク、受注好調で業績拡大に期待<注目テーマ>  8月02日12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 再生可能エネルギー
2 グローバルニッチ
3 半導体製造装置
4 2021年のIPO
5 脱炭素
6 パワー半導体
7 蓄電池
8 デジタルトランスフォーメーション
9 電気自動車関連
10 水素

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「工作機械」が27位となっている。

 工作機械の受注は回復基調を強めており、関連銘柄に再評価機運が膨らんでいる。日本工作機械工業会(日工会)の調べによると6月の受注金額は96.6%増の1320億8100万円と8カ月連続で前年実績を上回った。受注金額は2018年12月以来、2年半ぶりの高水準にあり、新型コロナウイルスが感染拡大する前の状況を上回っている。特に、自動車や半導体向けなどが好調だ。先週末の30日には牧野フライス製作所<6135.T>が、22年3月期の連結営業損益を20億円の黒字から71億円の黒字(前期は36億1200万円の赤字)に見直す増額修正を発表した。安川電機<6506.T>やファナック<6954.T>も業績の増額修正を発表しており、今後も工作機械関連銘柄の好業績発表が続く可能性が高い。DMG森精機<6141.T>やアマダ<6113.T>、ソディック<6143.T>、岡本工作機械製作所<6125.T>などの動向に注目したい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
牧野フが大幅反発、アジア中心に受注想定上回り22年3月期業績予想を上方修正
午前:債券サマリー 先物は小幅続落、新発10年債の取引成立せず
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位に四電工


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »