株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ライオンが4日ぶり反発、21年12月期最終利益予想を上方修正  8月02日09時17分

 ライオン<4912.T>が4日ぶりに反発している。7月30日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、最終利益を210億円から215億円(前期比28.0%減)へ上方修正したことが好感されている。上期に関係会社の株式譲渡などに伴う持ち分法投資利益の増加があることが要因としている。なお、売上高3650億円(同2.7%増)、営業利益300億円(同31.9%減)は従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ワコムに大量の買い注文、4~6月期営業37%増益で自社株買い発表もサプライズに
KADOKAWAはカイ気配、出版事業など堅調で第1四半期営業益64%増
双信電機に物色人気集中、22年3月期営業利益と配当の大幅増額を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »