株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トランスコスが年初来高値更新、アウトソーシング需要底堅く4~6月期実質増益  8月02日10時34分

 トランス・コスモス<9715.T>が年初来高値更新。前週末7月30日の取引終了後、22年3月期第1四半期(4~6月)の決算を発表し、純利益は38億8600万円だった。会計基準の変更により単純比較はできないが、前年同期の17億2200万円と比べ大幅に増加した。

 アウトソーシングサービスに対する底堅い需要に加え、コロナ禍におけるデジタル化の推進やテレワーク・BCP(事業継続計画)対策などに対応するサービスへのニーズの高まりが追い風となった。新型コロナワクチン関連では、接種予約システムや予診票をオンラインで作成できるチャットボットサービスの提供を図った。なお、今期見通しについては引き続き非開示としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 08月02日 10時
外為サマリー:一時1ドル109円60銭台で推移、ドル買いの勢い乏しく上値重い
パレモ・HDは一時S高、西松屋チェが筆頭株主に◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »