株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コムチュアが急反騰、DXコンサル好調で22年3月期業績及び配当予想を上方修正  8月02日10時41分

 コムチュア<3844.T>が急反騰している。7月30日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を230億円から241億円(前期比15.5%増)へ、営業利益を35億円から38億円(同20.6%増)へ、純利益を23億8000万円から24億円(同15.2%増)へ上方修正し、あわせて各8円25銭としていた第3四半期及び期末配当を各9円25銭に増額すると発表したことが好感されている。

 ベンダー連携を軸としたデジタルトランスフォーメーション(DX)関連のコンサルティングやシステムインテグレーションビジネスに加え、今期から連結化した子会社による教育ビジネスが伸長していることが要因という。また、成長領域へのシフトなどで1人当たり売上高が向上したことや、プロジェクト管理の精緻化による不採算プロジェクトの撲滅なども利益を押し上げる。

 なお、同時に発表した第1四半期(4~6月)決算は、売上高59億1000万円(前年同期比19.2%増)、営業利益9億3200万円(同67.2%増)、純利益5億5800万円(同51.0%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日経レバ売買代金断トツで急速切り返し、信用買い残の増加が顕著に◇
イーグランドが急反発で年初来高値、第2四半期業績予想の上方修正と自社株買いを好感
トランスコスが年初来高値更新、アウトソーシング需要底堅く4~6月期実質増益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »