株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

バイク王が大幅反落、東証による信用規制を嫌気  8月02日11時11分

 バイク王&カンパニー<3377.T>が大幅反落している。東京証券取引所が2日から、同社株式の信用取引による新規の売り付け及び買い付けにかかる委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)にすると発表しており、信用規制により個人投資家からの資金流入が細るとの見方から売られているようだ。また、日本証券金融も2日以降、貸借取引自己取引分及び非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を50%(うち現金20%)にするとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:先物、前場終値は前営業日比2銭安の152円28銭
Jテック・Cは3連騰で戻り高値払拭、X線集光ミラーのEUV次世代機向け需要に思惑
◎午前11時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »