株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大同工は大幅高で新高値にらむ、2輪車好調を背景に4~6月期営業大幅黒字化で通期増額も視野  8月02日11時19分

 大同工業<6373.T>が大幅高、フシ目の1200円台を回復し6月28日につけた年初来高値1268円奪回が視野に入ってきた。二輪車需要が世界的に増勢を強めている。そのなか、同社はホンダ向けを主力とする二輪車用チェーンメーカーで、国内約70%の圧倒的なシェアを誇っており、この恩恵を享受している。同社が7月30日の取引終了後に発表した21年4~6月期決算は、営業損益が11億7700万円(前年同期は500万円の赤字)と大幅に黒字化した。同社は22年3月期通期の営業利益を前期比倍増となる25億円を予想しているが、第1四半期時点で進捗率が47%に達しており、増額修正への期待感が株高の原動力となっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フューチャー急反発、21年12月期業績予想と年間配当計画を上方修正
債券:先物、前場終値は前営業日比2銭安の152円28銭
バイク王が大幅反落、東証による信用規制を嫌気


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »