株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低い見通し  8月04日08時26分

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。新型コロナウイルス変異株の感染拡大に対する警戒感は消えていないこと、欧州中央銀行(ECB)は現行の金融緩和策を長期間維持する可能性が高いことから、新たなユーロ買い材料が提供されない場合、リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・ECBはインフレ目標について2%をいくらか上振れることを承認
・ユーロ圏経済のすみやかな拡大は期待薄
・新型コロナウイルス変異株の感染流行

【ユーロ買い要因】
・ユーロ圏の企業景況感は改善傾向
・域内経済活動の段階的な拡大
・米長期金利の伸び悩み



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »