株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インテージHは急落、22年6月期純利益17%減見通し  8月05日11時21分

 インテージホールディングス<4326.T>は急落。4日の取引終了後、22年6月期の連結業績予想を発表し、純利益が前期比17.0%減の28億円の見通しとしたことから、これを嫌気した売りが出ているようだ。

 あわせて発表した21年6月期の純利益は33億7200万円だった。20年6月期が変則決算であることから前の期との比較はないが、前年の同じ時期に比べて2.0倍増益で着地した。主力事業のパネル調査が好調だったほか、一般用医薬品・医療用医薬品の市場調査なども堅調に推移した。

 あわせて、上限を100万株(発行済み株数の2.47%)または12億円とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は8月5日から22年6月30日まで。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
インテージH、22年6月期純利益17%減見通し
債券:先物、前場終値は前営業日比11銭安の152円38銭
アジア投資は強力な上昇波形成、再生エネの戦略投資推進と株式需給面の思惑も◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »