株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

綜研化学は大幅続伸、液晶ディスプレー用粘着剤の拡大で第1四半期経常は4割増益  8月05日13時19分

 綜研化学<4972.T>は大幅高で4日続伸となっている。4日の取引終了後に発表した22年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算で、経常利益が前年同期比39.8%増の8億9000万円に拡大して着地したことが好感されている。

 原油価格の上昇や需給逼迫に伴う原材料価格の高騰による影響を受けて利益率が悪化するなど、厳しい状況が続いたが、主力の粘着剤が中国市場を中心に需要拡大が続く液晶ディスプレー関連向けの販売が伸びたことが収益を押し上げた。上期計画の12億円に対する進捗率は74.2%に達しており、業績上振れも視野に入っている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
カーチスHDは20%超安、4~6月期最終赤字8500万円
インテリWが急反発、22年6月期は増収増益見通しで増配も計画
キッコマン急伸、第1四半期営業益23%増で上半期計画進捗率67%


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »