株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

環境管理が大幅反発、放射性物質トリチウム分析開始  8月06日13時08分

 環境管理センター<4657.T>が大幅反発。同社はきょう、放射性物質トリチウムの分析を行える体制として、液体シンチレーションカウンターを導入したと発表しており、これが材料視されているようだ。液体シンチレーションカウンターは、液体試料を対象とした放射線測定器のこと。同社では、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故の発生以来、放射性物質の核種分析の開始や放射性物質濃度を測定することができる移動測定車の導入のほか、ふくしま浜通りイノベーションセンターを開設するなど取り組みを進めている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
セガサミーが後場一段高、第1四半期営業損益が大幅黒字転換
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位に郵船


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »