株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

nmsホールディングス---1Q増収増益、HS国内事業伸びる  8月10日15時29分

nmsホールディングス<2162>は6日、2022年3月期第1四半期の連結業績を発表した。売上高は14,944百万円(前年同期比8.9%増)、営業利益は40百万円(前年同期は29百万円の損失)、経常利益は402百万円(同157百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益は75百万円(同349百万円の損失)となった。

EMS事業においてマレーシア、メキシコにおけるロックダウンや部材不足等による顧客の工場稼働停止や生産計画見直しに加え、物流などサプライチェーン停滞による影響があったが、HS事業では前事業年度からの徹底した経費見直しを継続、国内事業全体における固定費の抑制に努めたことにより、事業全体の収益性が改善した。また、PS事業においても抜本的コスト構造改革による体質強化の効果もあり、全体として増収増益となった。そのほか、為替差益の計上も利益を押し上げた。なお、最終損益ではEMS事業の米国・メキシコ拠点における事業構造改革費用を特別損失として計上した。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »