株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アライドアーキテクツ---2Qは2ケタ増収・大幅な増益、通期連結業績予想の上方修正を発表  8月11日10時44分

アライドアーキテクツ<6081>は10日、2021年12月期第2四半期(21年1月-6月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比66.0%増の31.06億円、営業利益は同850.7%増の3.99億円、経常利益は同6,940.9%増の4.61億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同451.5%増の4.42億円となった。
同社が展開するすべての事業で、前年同期比で増収となり、第1四半期に続き好調な決算となった。

SaaS事業は、コロナ禍をきっかけとしたマーケティングDXの需要拡大が追い風となっており主力のSaaSツールの取引が増加、さらに、ツールの機能を複数利用するアップセルや、複数ツールのクロスセルにより顧客平均単価が上昇した。

海外SaaS事業では、引き続きゲーム業界に属する既存顧客を中心に、単価の高い3Dのクリエイティブ制作の受注が増加しており、順調に推移した。

ソリューション事業でもコロナ禍でのDX加速の流れを受けて、ファンとSNSを掛け合わせたマーケティングニーズの高まりが追い風となっている。特に既存顧客からの追加施策の依頼が増えるなど、1顧客当たりの売上高が増加している。

中国進出支援事業は、越境EC進出支援において、中国SNSアカウント運用とインフルエンサーによる拡散を合わせたビジネスモデルを強化したことにより安定的に収益を確保した。

2021年12月期通期については、同日、連結業績予想の上方修正を発表した。売上高が前期比31.2%増(前回予想比6.6%増)の55.00億円、営業利益が同100.9%増(同15.4%増)の6.00億円、経常利益が同189.4%増(同34.0%増)の6.70億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同217.4%増(同71.9%増)の5.50億円としている。




<NB>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »