株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

GMOグローバルサイン・ホールディングス---2Q増収減益、積極投資で顧客数・契約送信数拡大  8月11日17時35分

GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788>は10日、2021年12月期第2四半期の連結業績を発表した。売上高は6,872百万円(前年同期比1.3%増)、営業利益は503百万円(同38.0%減)、経常利益は490百万円(同46.8%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は403百万円(同42.2%減)となった。

電子認証・印鑑事業のSSL有効期限短縮による一時的な単価下落や電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」への投資拡大の影響により、減益となった。ただ、成長・収益基盤の柱であるSSLサーバ証明書等の認証技術を活用したサービスについて、グローバルで新規販売が好調に推移した。電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」においても、今後の更なる成長に向けた戦略的投資を行うことで導入企業数・契約送信数の拡大を図った。また、クラウドインフラ事業においてはテレワーク環境の導入等、新たな需要が発生しており、マネージドクラウドサービスの販売も引き続き伸長した。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »